【時間指定不可】 DiGiGrid/DLI-オーディオインターフェイス



DiGiGrid DLIは、Pro ToolsとSoundGridネットワークを接続するネットワーク・ハブとして働きます。
2つのDigiLinkポートを備え、64までのデジタル入出力を提供するDiGiGrid DLIは、既存のPro Toolsシステムの可能性をSoundGridネットワークで拡張します。

DLIにSoundGrid DSPサーバーを加えることで、類い希なプロセシング・パワーをPro Toolsシステムに追加し、レコーディング、モニタリング、ミキシングをストレスなくリアルタイムで実現します。
Pro Toolsをはじめ、あなたが使い慣れたDAWの中に統合された形でプラグインを使用できるので、数百ものSoundGrid互換のWavesとサードパーティー製のプラグインを、リアルタイムで、最少でたった0.8ミリ秒のレイテンシーで稼働させることができます。


【DLIにはIOとSGPの2つの動作モードがあります。】

DLIは、I/Oモードに設定すると、Pro ToolsシステムとSoundGrid DSPサーバーのブリッジとして働きます。
このとき、Pro Toolsのシステム(HD/HDXまたはHD Native)がプレイバックのエンジンとして働き、DLIは接続されたI/OとしてPro Toolsで認識されます。
さらにDiGiGrid I/Oで入出力を拡張したり、SoundGridサーバーを加え、プラグインの処理能力を増強することもできます。
SGPモードでは、DLIは任意のDAW(Logic, Cubase, Nuendo, Ableton, Pro Tools Nativeなど)とSoundGridのアプリケーションを、ASIO/Core Audioドライバーを介して接続し、様々なDigiLink対応のI/Oをコントロール可能にします。
さらに、コンピューターのCPUで処理していたプラグインのプロセシングを、DLS内蔵のDSPサーバーに任せることができます。
どちらのモードでも、Cat 5eまたはCat 6のEthernetケーブル1本だけで、簡単に追加のDiGiGridのデバイスを接続することができます。


【仕様】

・DigiLinkポート x 2: SGPまたはI/Oモードで64チャンネル(1ポートあたり32チャンネル)
・I/Oモード:DLSはHD Core、HD Accel、HDXまたはHD Nativeカードに接続され、インターフェイスとして動作。
 ProTools TDM 10.xと11.xをサポート
・SGPモード:DLSはDigiLink対応のI/O(Digi192, Digi96, HD Omni, HD I/O, Apogee Symphony I/O, Lynx Aurora 8, Lynx Aurora 16)のコントローラーとして動作。
・SoundGridポート(RJ45) x 2
・AC電源入力
・ワードクロック/ループシンク入出力
・USBポート
・1Uラックマウント・サイズ
・44.1、48、88.2、96、176.4*、192*kHzのサンプルレートに対応(176.4と192 kHzには、アップデートで対応予定)
リカバリー・スイッチ
・Word Clock入力、SoundGrid(SoE)インターナルまたはDigiLink経由のクロック同期。

【時間指定不可】 DiGiGrid/DLI-オーディオインターフェイス 【時間指定不可】 DiGiGrid/DLI-オーディオインターフェイス

【時間指定不可】 DiGiGrid/DLI-オーディオインターフェイス

トラスコ中山 TBDB-500-OD 大型電工用バケツ OD Φ500X500

ポップアップアイコンポップアップアイコン
新しいウィンドウでページを開きます。
PDFアイコンPDFアイコン
アルスコーポレーション CRAFT370 クラフト(アラミド繊維専用)